ローンをシュミレーションする際の注意点

ローンの申込み前にシュミレーションをしておけば、完済までのプランが立てやすくなります。インターネットのシュミレーションページなどを使うといいでしょう。最近は借りたい金額と返済時期などを入力するだけです。おおよその支払い金額がわかるのでローンを組む際にも目安になります。シュミレーションを行う前に、あらかじめ把握しておきたいことがあります。カードローンやキャッシングでは、返済日が金融会社の営業日になっていない時に、日がずれたり変更することがあるようです。クレジットカードに付帯しているキャッシング枠で、お金を借りているという人も多いようです。仮に10日後には返済するつもりでいても、実際の口座から引き落とされる日があらかじめ設定されている関係で、翌月扱いになることもあります。そのため、シュミレーションのページで入念にチェックしていたはずが、実際の請求金額と違っていたということもあります。どれだけシュミレーションをしても、頭金や一括返済、金利の変化など様々な要因が絡む住宅ローンのように計算しづらい場合もあります。固定金利か、変動金利かによっても、住宅ローンのシュミレーションは異なります。さまざまなケースを想定して、何度もローンのシュミレーションしたほうがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました