アルバイトでもキャッシングできるのか

キャッシングは、アルバイトの身分でも可能でしょうか。キャッシングに対する法律も、2010年の貸金業規制法の改正により難しくなったようです。定職がなかったり、アルバイトなどで収入が少ない人のキャッシング利用者が増えています。利息が高いことも重なって、返済ができないほどの借り入れが起こるケースが社会問題へと発展した背景もあります。さらに増えているのが、貸し出しを高額の利率でする悪質な貸金業者です。貸し出す金融機関への取り締まりを強化する狙いもあったためとも言われています。正規雇用されず、アルバイトなどで働いているため、収入が少ない人や無職の人が、実際キャッシングをよく利用するものです。いわゆる本当にお金に困っている人たちが少なくありません。少しでもアルバイトなどで収入がある場合、実際は貸し出しをまったくしないわけでもないといいます。対応は年収などに応じて多少なりともしているといいます。年収の1/3以内と、新しい法律ではキャッシングができる目安として明記されているということです。アルバイトなどでもし収入が少ない場合、限度額となっているのは収入に応じた金額です。勤め先や年収などをキャッシング申込み時の審査の際にあらかじめ申告しておけば、もしアルバイト勤務でキャッシングを考えている人でも借り入れできるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました