学生向けの就職のガイダンス

新卒者や若者が就職活動をする時は、会社の就職ガイダンスへの参加が第一歩になります。本格的な就職活動の開始として、本腰を入れて行動しなければなりません。学生が就職活動に取り組む場合、まずは学校が主催する就職ガイダンスに行きます。そこでは、就職活動全般についてのレクチャーを受けることができます。最近は新卒者の就職内定率がとても低いといった背景もあります。学校も危機意識を持ち、就職ガイダンスを行うことで学生の就職活動を支援しようと、色々な情報を提供しているというわけです。ガイダンスといっても、学校が行うものとは汎用的なものです。基礎的な情報に終始することが多く、学生に就職先を紹介したり会社との間を取り持つわけではありません。企業から採用内定をもらうために、これから何をしなければいけないのかを就職ガイダンスで知ることができます。就職活動ですべきことを、明確に意識できるようになるためにガイダンスは役立ちます。この頃は、大学が就職ガイダンスの場で学生の面接指導や社会人としてのマナー指導など、就職活動時に役立つ指導をするところもあります。企業の人事経験者や就職支援会社のコンサルタントに依頼し、本格的な面接対策をするところもあります。学校の就職ガイダンスでは、就職活動をスタートする学生に役立つ知識が得られるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました