紫外線と肌

日光による日焼けや紫外線の肌への作用は、陽射しが強い日が増え気温が上がってくると意識するようになります。太陽の光が強い日は、紫外線の影響が大きいという印象があります。実際のところ、曇天でも真冬でも紫外線は肌に届いているため、紫外線対策は普段から欠かせません。日中に屋外で海水浴などをすることがある夏は特に注意が必要です。医学の視点から考えれば、日焼けは火傷と同等です。肌にもそれなりの負担がかかると考えましょう。日焼けの影響で皮が剥けることもありますし、肌が赤みを持って傷みや熱を生じることもあります。急激な日焼けは、水ぶくれを伴う場合もあります。紫外線が肌に良くないことはこれだけを見てもわかります。日焼けの症状は火傷のようなものです。最近の研究によると、紫外線を浴びて日焼けするほど肌にはシミやそばかすが多くなりしわの原因になることも分かっています。シミやくすみは、できてしまったからでは対応が難しいものです。日頃から紫外線予防をすることが、美白ケアにもなります。近年では、日焼け止めクリームの他にも紫外線の肌への影響を防ぐファンデーションや衣服などもあります。普段から使っているという人もたくさんいます。紫外線によって肌にダメージを受けるのは、大人だけではなく、すでに子供のうちから始まっているので早めの対策を心がけたいものです。

【例文あり】婚活するなら断り方も大切!お相手に気遣いを

タイトルとURLをコピーしました